クラリチンの効果と副作用について

眠気の副作用が比較的少ない抗アレルギー薬「クラリチン」

クラリチンはアレルギーを引き起こすヒスタミンという物質ブロックすることでアレルギーを抑える、抗アレルギー薬です。ヒスタミンをブロックすることから、抗ヒスタミン薬とも呼ばれています。
2002年に発売が開始された比較的新しい抗アレルギー薬です。

花粉症による鼻水や鼻づまりなどの治療によく使われています。そのほか、アレルギー性鼻炎や蕁麻疹などでも使われます。

クラリチン錠10㎎と口の中で素早く溶けて崩壊するクラリチンレディタブ錠10㎎とドライシロップがあります。

7歳以上の人は、1回10㎎を1日1回服用します。3歳以上7歳以上の子どもの場合は、1回5㎎を1日1回が一般的な服用方法です。

クラリチンの大きな特徴は、なんといっても眠気が少ないことです。

「アレルギーの薬を飲むと眠くなるから嫌だ」「アレルギーの薬は車の運転ができないから困る」という声をよく聞きますが、クラリチンに添付されている注意書きには、「車の運転や高所でも作業など危険を伴う作業は避けてください」といった類の注意書きはありません。これは、クラリチンを服用後も運転能力に差がなかったという実験結果が得られているからです。

ただし、眠気が全くないというわけではないので、その点は誤解のないようにしましょう。

副作用は、多少の眠気以外に倦怠感や口の中が渇くなどがありますが、いずれも軽度です。

クラリチンは副作用が少ない反面、効き目の強さは穏やかです。花粉症の時期が来たら、症状が出る前に服用を開始するか、症状が出始めたらすぐに服用するのが上手な使い方です。