トラブル急増…違法オンラインカジノの恐怖

トラブル急増…違法オンラインカジノの恐怖

トラブル急増…違法オンラインカジノの恐怖

今回は違法ギャンブル…「オンラインカジノ」について取り上げます。カジノといえばポーカーやルーレット、バカラなどさまざまなゲームがありますがオンラインカジノはこうしたゲームをこのスマートフォンやパソコンで行うことができるんです。もちろんこれにお金をかけると犯罪となります。ただ、それにもかかわらず利用者は近年急増していて中には数千万円以上の多額の借金を背負う人も出ています。これまでのギャンブルとは全く違うというオンラインカジノの怖さについて取材しました。
先月(5月)15日…衆議院会館で行われたギャンブル依存症に関する勉強会…。国会議員や関係省庁の職員、そして依存症患者やその家族が参加しこの病気の現状や課題について話し合いました。そこで喫緊の課題として挙がったのが…
依存症対策議員連盟会長中谷元衆院議員:「特にオンラインカジノの問題を中心に議論をしていこうということで…」
オンラインカジノとは、インターネット上で行うカジノで国内では金銭を賭けると賭博罪となり50万円以下の罰金又は科料となる犯罪行為です。なぜ今オンラインカジノが危険視されているのか…勉強会を主催したギャンブル依存症問題を考える会代表の田中紀子さんは…
ギャンブル依存症問題を考える会田中紀子代表:「コロナ禍によってオンラインでできるギャンブル、違法であるオンラインカジノこれにハマってしまう人たちの相談がものすごく増えて/ニッチもサッチもいかなくなるほどの借金額を抱えているということ」
コロナ禍によって家に篭る生活が続いたことによりスマホ1台でできるオンラインカジノの利用者が爆発的に増えたと言います。さらにインターネットでオンラインカジノについて検索してみると…
「検索結果にはオンラインカジノおすすめランキングというサイトが上に出てきました」「中では沢山のオンラインカジノのサイトが紹介されています」
国内で利用すれば犯罪となるにも関わらず日本語でオンラインカジノを勧めるサイトがたくさん並んでいました。こうした環境もオンラインカジノの利用者を増やす一つの要因と見られています。
勉強会に出席した30代の女性2人の子を持つ安藤さん(仮名)上場企業に勤めていた夫はコロナ禍のストレス発散の為に始めたオンラインカジノにのめり込み家族の生活は一変しました。
安藤さん(仮名):「年金生活の親から200万円ものお金を借りてしまいました。少しずつ貯めていた教育資金も全部使いました」
安藤さんが何度説得しても夫のギャンブルは止まらず借金は1千万円以上に…夫は自己嫌悪からうつ病を発症し自殺についても口にするようになりました。現在、夫は精神病院に入り治療を続けています。
安藤さん(仮名):「私たちみたいな家族を減らしていきたい。それが今の私の一番の思いです」
勉強会にはギャンブル依存症の当事者として以前番組で取材した遠藤さん(仮名)の姿も…遠藤さんもコロナ禍でオンラインカジノに熱中し2年で7000万円の借金を抱えました。
「賭け金は100円から100万円まで使えましてこれは総額ではなくて1回のプレイが100円から100万円までできるという状況」
これは遠藤さんが当時、オンラインカジノをしていた時の銀行口座の明細です。わずか数分の間に100万円が何度も出金されているのが分かります。正常な金銭感覚が失われていたと遠藤さんは話しています。支援団体の田中代表はオンラインカジノにこれまでのギャンブルには無い怖さがあると指摘します。
田中さん:「オンラインカジノの怖さはなんと言っても24時間365日賭け事が出来てしまう、止め時が無いというところ」
田中さんはこの問題を解決するには国としての対策が必要だと訴えています。
田中さん:「今の日本の法律だと取り締まれないというようなご回答が凄く多くて、だとしたら/オンラインカジノの広告を止めさせる/オンラインカジノ対策という法案を新しく作っていただきたいなと切に願っています」
/////
大澤記者は今回の取材でオンラインカジノのどういった点が問題だと思いましたでしょうか?
オンラインカジノは日本の法律で、はっきり違法なんです。現状ではほとんど野放し状態です。オンラインカジノに関しては逮捕者も出ていますがその数は年間10件ほど…また警察庁と消費者庁は去年10月からこうしたポスターを使ってオンラインカジノは犯罪と周知するキャンペーンを開始しましたが一方でインターネットでオンラインカジノを検索すれば、日本語でおすすめ記事が出てきたり動画サイトを覗けばオンラインカジノを利用する人の映像が多数投稿されていたりする状況でオンラインカジノに誘導する情報が抑止する情報を上回っているという印象です。

ネットカジノカテゴリの最新記事